スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

蛍。

家の近くの川に、蛍がきた。


いつもならもう少し遅いのに、今年は早い。


その光に集まっている人たちから、次々に差し出される指。


ささやくように聴こえるやさしい声。



蛍の光は、弱いようで強い。


あんなちいさな身体に何を持っているのだろう?


あの光の先にあるものは何を照らしてるのだろう?



あの光を見るたびに、不思議な気持ちになる。


川沿いの橋の手すりに、沢山の人が集まる。


みんなが蛍の光に目を奪われる。


その光を手に捕まえた人は、


はにかみながら、周りの人にその手をそっと膨らましながら差し出す。


みんなでひとつになるようにその光を見つめる。



すぅぅ、と息を潜めながら。


闇に目を慣らしながら。


深い夜の黒い先に。



あのささやかな命の、それでいて、強い光に。



夏はすぐそこへ。


それを教えてくれるもの。


いつまでもずっと。



そう思えずにはいられないものの、


その形。



その先にあるものを。


変わらないでいてほしいものを。



スポンサーサイト


ひとりごと。 | コメント(2) | トラックバック(0)2007/05/30(水)00:10

コメント

蛍の光の照らすもの。
それは、希望なのかも知れませんね。

2007/05/30(水)19:15| URL | 釣志(ちょうじ) #XEt6DIL. [ 編集]

rie。>釣志さん。

蛍の季節から秋の手前になってしまいました。。
いまさらのお返事すみません。
あの時みた光は、今でもすぐ思い出せます。
書くって言うのは、写真を写すみたいですね。
これからもよろしくお願いします。

2007/10/01(月)01:18| URL | rie。 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

rie。

Author:rie。
本と絵本と、
空を見ることが好きです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。