スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

目の奥に残る花火の光。

青暗い静かな公園で花火をした。


風が強く、煙が空を包んでしまった。空高く白く。


 


びゅー、っとしたのや、ぱちっ、としたのや


しゅわしゅわ、っとしたのや、ちろちろ、っとした、


赤や青や緑や白や黄色の眩しい光が


目の奥に鈍く白青緑に焼きついて。




帰り道は風がひんやりとし、虫の声があふれてた。


 


 夏が終わるね、と声に出して言ってみる。 


足元のビーチサンダルが、ぺたぺた、っと答えた。


楽しかったような、でももう寂しいような、娘の手の握り方だった。




スポンサーサイト


ひとりごと。 | コメント(4) | トラックバック(0)2006/08/28(月)00:40

コメント

まぶたの裏がわに、残像というより光そのものが残ることがあります。何十枚ものスナップ写真が蓄積されて、それが今見た光と混じり合って、光そのものになって、ずっと残っている。なんか分かる感じがしました。

最後の3行が、すごくいいですね。
娘さんの、手の握り方、とてもリアルに感じられました。
でもrie。さん、秋もいいですよ(笑)

2006/08/29(火)19:47| URL | itu:kairou #V0Zz7F9Q [ 編集]

初めまして。

初めまして、こんばんは。ajisaiと申します。
花火今年はしなかったのですが、子供の頃煙の中で
いろんな色を楽しんだことを思い出しながら読ませていただきました。
夏の終わりが近いですね。寂しいような切ないようなそんな今ですね。

2006/08/29(火)21:41| URL | ajisai #o3A/KPYM [ 編集]

写真のような。

そうですね、そんな感じでした。
写真のような、その瞬間を閉じ込めたような光が
まぶたに焼きつく。そう、そんな感じです。

よかった、といってもらえると恥ずかしいですが
うれしいです。
秋から冬、冬、そして冬から春。そんなのがとても好きです。
秋大好きです。
何でも過ぎ去るのは寂しいので、夏もやっぱり。

2006/08/30(水)00:18| URL | rie。>itu:kairouさん。 #- [ 編集]

よろしくです。

はじめまして。覗いてくださってありがとうございます。
不定期更新ですが、どうぞよろしくです。

子供の頃の花火の記憶は
濃紺の夜と光とやはり煙ですよね。
花火、おすすめです。ぜひ。
その寂しさも悪くなかったです。

2006/08/30(水)00:20| URL | rie。>ajisaiさん。 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

rie。

Author:rie。
本と絵本と、
空を見ることが好きです。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。