スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

「恋」に落ちる瞬間のように。


昨日京都へ行ってきた。
行ってみたかった本屋さんと、娘の行きたがっていたお店が京都だったから。

その本屋さんは面白かった。
そこで見つけた本。

芝生の復讐 (新潮文庫 フ 20-3)芝生の復讐 (新潮文庫 フ 20-3)
(2008/03/28)
リチャード・ブローティガン

商品詳細を見る

リチャード・ブローティガンは前にも書いたけれど、とても好きで。
それよりもなによりも、この文庫の表紙はとても素敵だった。
(他のはいつももったいなかった、と思っていた)
薄暗く、静かで、ほのくすんだ黄色のお店の中で
積み上げられていたこの本。
もう手にとっていた。


素敵な表紙の本はいい、と思う。
好きな作家さんの本でも、読んでみたいなぁと思った本でも
表紙があまり好きでなければ、半減してしまうこともある。
とても残念。読むと好きになる場合もあるし、色々だけれども。

だからなお更、ときめく「表紙」に出逢えた時の
瞬間喜びや胸の高鳴りは、とてもうれしい。


好きな表紙の本はたくさんある。



静かな。その薄い膜があるような表紙。
ホッパーは、この本たちの表紙が出逢いで、画集を買った。

泳ぐのに、安全でも適切でもありません (集英社文庫)泳ぐのに、安全でも適切でもありません (集英社文庫)
(2005/02)
江國 香織

商品詳細を見る


最後の瞬間のすごく大きな変化 (文春文庫)最後の瞬間のすごく大きな変化 (文春文庫)
(2005/07/08)
グレイス・ペイリー

商品詳細を見る



それだけで素敵で、表紙も文章も大好きなもの。

サイダーハウス・ルール〈上〉 (文春文庫)サイダーハウス・ルール〈上〉 (文春文庫)
(1996/07)
ジョン アーヴィング

商品詳細を見る
サイダーハウス・ルール〈下〉 (文春文庫)サイダーハウス・ルール〈下〉 (文春文庫)
(1996/07)
ジョン アーヴィング

商品詳細を見る


雪屋のロッスさん (ダ・ヴィンチブックス)雪屋のロッスさん (ダ・ヴィンチブックス)
(2006/02)
いしい しんじ

商品詳細を見る


その手触りでさえ、心を静かにしてくれるもの。

神の子どもたちはみな踊る神の子どもたちはみな踊る
(2000/02)
村上 春樹

商品詳細を見る


「真鶴」は白いカバーも、それを取った時の本自体も美しい。

真鶴真鶴
(2006/10)
川上 弘美

商品詳細を見る




もっとたくさんあるのだけれど、本棚の整理をしなくては、、、と痛感(笑)。

「装丁」という言葉よりも、「表紙」という言葉が好きで。
その「表紙」と中身がぴったりと自分の中でした時に
もっと特別なものになる。

そういう瞬間に、もっともっと出逢えたら、と思うから
昨日のような瞬間は「恋」に落ちたようになる。

あぁ、本屋さんへ行くのは止められません。


スポンサーサイト


本。 | コメント(3) | トラックバック(0)2008/08/17(日)19:05

«  | HOME |  »


プロフィール

rie。

Author:rie。
本と絵本と、
空を見ることが好きです。

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。